写真6:福島弁連発の桂幸丸さんの落語
 写真5:新会員のご紹介
写真2:阿部孝夫東京福島県人会副会長ご講演
 写真3:福島県副知事 鈴木正晃様ご祝辞
 写真1:安斎隆 東京福島県人会長ご挨拶
 写真4:福島県より感謝状が贈られる
 写真7:集合写真

      日時:令和元年69() 11:00 14:30
        場所:JR四谷駅前 スクワール麹町3階

 上記の日時・場所で、友誼団体「東京二本松会」の「2019年度総会・懇親会」が開催されました。以下に、その概要をご報告致します。
 参加者は会員の方々が35名、来賓3名の総勢38名の出席でした。
  第1部総会は、始めにこの1年間に亡くなられた会員3名の方々に黙祷を捧げ、続いて開会の挨拶、東京二本松会会長丹羽長聰様のご挨拶が行われました。
 そして、来賓紹介の後、二本松市長三保恵一様からご祝辞を頂きました。
 その後議事に入り、前年度の活動報告・決算報告、今年度活動計画、役員改選案等が承認され、第1部は滞りなく終了しました。

 第2部の「講話」は、二本松市教育委員会文化課長の塩田英勝様より二本松市が昨年度に実施した「戊辰150事業」の概要について、プロジェクターを用いながらご解説を頂きました。
 第2部が終了したところで全員で集合写真を撮り、隣室の宴会場に移動、12:30より第3部「懇親会」が始まりました。
 第3部は、始めに初参加会員の紹介、次いで、安斎隆顧問殿のご発生で乾杯、あとは立食パーティースタイルで自由懇談です。
 歓談がつきない中、14:30閉会となりました。
                         記事:安藤勇夫
                         写真:氏家盛通氏

 写真6:懇親会風景2
 写真5:懇親会風景1
 写真4:顧問の安斎隆様のご発声で
     乾杯
 写真3:二本松市教育委員会
     文化課長塩田英勝様ご講話
 写真1:東京二本松会会長丹羽長聰様
     ご挨拶
 写真2:二本松市市長三保恵一様
     ご祝辞
 1.友誼団体「東京二本松会」2019年度総会出席報告
 東京東和会について
 東京東和会の役員
 年間行事
 入会のご案内
 会 則
 二本松市東和エリア
 東京東和会
    総会・懇親会
 東和ロードレース
 お知らせのページ
 ふるさと物産品販売支援
 ふるさと便り
 ゴルフ同好会
 写真とハイキング(同)
 旅と温泉同好会
 トップページへ戻る
 第3部は、参加者全員の「県民の歌」合唱から始まりました。
 最初に福島県副知事の鈴木正晃様よりご祝辞を頂戴し、次いで東京福島県人会より副知事に託して「福島県交通遺児奨学基金協会」に10万円を寄贈、県より感謝状を頂きました。
 今年の芸能発表は、須賀川出身の桂幸丸さんの福島県の方言を題材にした落語です。20分の間、会場は笑いに包まれていました。
 乾杯は清酒でした。なごやかに懇親が続いて、予定の19:00をかなり過ぎたところで、お開きとなりました。
                  写真と記事;ホームページ委員会
 第2部は、元川崎市長、現東京福島県人会副会長の阿部孝夫氏による「『灰色のまち』から『音楽のまち』へ」と題する講演で、ご自分の市長時代に反対を押してクラッシック音楽ホールを建設し、川崎市を文化の街にイメージチェンジしたお話でした。
 第一部総会は、先ず安斎隆会長のご挨拶があって、次に議事に入り、前年度の活動報告、前年度の会計報告、今年度の活動計画、今年度の予算案、規約の改正、が賛成多数で承認されました。
 そのあと新会員の紹介が行われ、第1部は16:45頃終了。
恐竜・化石館
サボテン:
写真 紺野喜弘氏提供
H27秋 旅と温泉同好会:いわき旅行

 上記の通り、「東京福島県人会春季総会」が「ルポール麹町」で開催されました。その概要を以下にご報告致します。
 春季総会の出席者は、県人会会員が107(うち、東京東和会会員は5名)、県ゆかりの団体代表12名(菅野勇東京東和会長を含む)、来賓は、鈴木福島県副知事、県選出の国会議員(代理を含む)など7名、ほか福島県東京事務所関係者等で、全体で約130名でした。

   日時:令和元年622() 15:35 20:00
    場所: ルポール麹町 3階 

 2.東京福島県人会「2019年春季総会・懇親会」出席報告
 皆様のお住まいの近隣での出来事や、話題になって
  いることが有りましたら、どしどしご投稿下さい


 ・投稿先
  ・ここをクリックお問い合わせのコーナーにメールにて投稿
   をお願い致します。
  【投稿&交流の広場】

このホームページは、福島県二本松市東和エリアの出身者とその縁故者の交流の活動情報です。